プロボクサー、格闘家が喧嘩したら普通の人より罪が重くなるって本当!?

プロボクサー、格闘家が喧嘩したら普通の人より罪が重くなるって本当!?

格闘家の拳は凶器と同じだから暴行事件を起こしたら一般人より罪が重くなる!または正当防衛でも拳を使ったら罪になる!なんて聞いたことはありませんか?
しかし実際のところ一般人とプロの格闘家とで罪の重さは変わってくるのでしょうか。障害事件について法律を元に調べてみました。

プロの格闘家が事件を起こしたら罪は重くなる?

人に暴行を加えた場合は暴行罪(刑法208条)が成立し、さらに怪我を負わせた場合は傷害罪(刑法204条)が成立します。
暴行罪は2年以下の懲役、若しくは30万円以下の罰金、又は拘留若しくは科料が科せられます。傷害罪の場合は15年以下の懲役、又は50万円以下の罰金が科せられます。
そして刑罰は一般人であろうとプロの格闘家であろうと変わることはありません。

具体的な刑は、刑事裁判にて、暴行・傷害に至った経緯や傷害の程度など、事情を考慮した上で決められるので、「プロの格闘家である」という事実は、1つの事情として考慮され、その暴行態様が、一般人が同じことを行った場合よりも危険性が高いとして認定される可能性はあるかもしれません。
ですが、そのことは暴行に至った経緯やその格闘家が置かれた客観的状況などから決められます。
たとえば多数人に囲まれた状況で急迫した身の危険が迫っていたような場合には、正当防衛が成立する余地も当然あり得ます。

罪が成立する場合であっても、他の全ての事情をさて置いて、「プロの格闘家である」という事実のみをもって刑が重くなることはなく、あくまで総合的に判断されることになるでしょう。

その意味では、昔より「プロボクサーは拳が凶器とみなされるから、たとえ絡まれたとしても抵抗できない」などと語られることがありますが、誤った解釈といえると思います

ガッツ石松さんも現役中に喧嘩騒ぎを起こしたことが…

ガッツ石松さんは、世界チャンピオンになる前、東洋ライト級チャンピオン時代に喧嘩騒ぎを起こして逮捕されたことがあります。
ですがそれは8人の酔っぱらいに囲まれて、やむを得ない状況だったとして、正当防衛として処置され、送検される前に釈放となったそうです。
しかし警察に捕まったという事実のみでもマスコミには話題になり、周囲には迷惑をかけてしまったと当人は反省していたそうです。

基本的に加害者がプロ格闘家というだけでは、罪が重くなるということはないようですが、プロ格闘家という肩書き、更にはランカークラスやタイトルホルダーだと、その話題性から罪とは関係なく一般人の事件よりもマスコミに騒がれやすくなる可能性があるかもしれません。

また、そのせいでJBCからライセンスを剥奪、一時剥奪を言い渡される可能性もあります。ですので、事件の話題性、周知に関しては、一般人に比べてリスクが高いといえます。
なんにせよ、腕に覚えが合っても、むやみに力を振るわない、感情に流されないように努力して、警察のお世話にならないような振る舞いを日頃から心がけましょう!